awsの導入後の課題は運用研修の実施

awsの導入後の課題は運用研修の実施

システム構築はaws導入の最大の課題となりますが、カットオーバー後にも課題があります。それは自社でawsをいかに運用していくかです。構築時には委託先に依頼しますが、その後の運用は自社がメインで行わないと意味がありません。

そのための第一歩が運用研修です。ここでは、運用研修を通じてawsの定着化、そして運用自走まで導く方法をご紹介します。

『awsの運用管理ツール導入で高度化』

awsの運用研修を受ける必要性

awsを構築する際には、自社で契約からアプリケーション開発やサーバ設計、そしてシステム構築を行うケースは稀で、ほとんどの場合にはシステムベンダーを介して構築を委託しています。システム構築をプロジェクトとして発注元の企業メンバーも参画するケースはありますが、開発作業自体はベンダーが行うのが一般的です。

開発を委託する場合、問題になるのがカットオーバー後の運用を誰が行うのかです。基本的には構築を委託している場合には、カットオーバー後には契約は終了するため、依頼元の企業が自前でメンテナンスを行う必要があります。

しかし、依頼元企業にそのノウハウがないことも多く、継続して保守を依頼し続けるケースもあります。永遠に保守や運用サポートを委託し続ける予定であれば問題ありませんが、委託費用なども嵩むことになります。その場合、awsを導入するメリットの一つであるコストメリットの恩恵を享受しにくくなってしまいます。

リリース直後は手厚いサポートが必要になりますが、運用開始後は少しずつ自社で対応できるようにしていくのが望ましい方法です。そこで、登場するのが運用研修です。開発を委託した会社からノウハウや設定内容を伝授してもらい、自社でカバーできるようにしていくのが運用研修を行う目的です。

保守を委託し続けるデメリット

運用研修を行ってもらい、自社で少しずつ保守やメンテナンスをできるようにしていくのが本来の姿ですが、保守を委託し続けるケースもあります。めまぐるしく運用プロセスが変化し、常に新しい開発をしていく事が日常になっている場合には、保守や継続開発チームを専属化させることも必要ですが、利用を中心にメンテナンスや簡単な設定を中心に行うのであれば、保守を継続する事はデメリットでしかありません。

その理由はawsのメリットを2つ失ってしまうためです。1つ目のメリットはコストです。保守や運用サポートの委託は人件費を中心に構成されているため、高額なコストになります。一過性であれば問題ありませんが、ランニング費用として継続的に支払うのはおすすめできません。

awsを導入し、コストを安くするというメリットを失う事につながってしまうためです。2つ目のメリットがスピードです。awsは思い立ったらすぐにシステム化する事ができるのが最大のメリットです。企画から実装まで1人で行えば、一番スピーディに実装させることができます。

間を経由する人数が少なければ少ないほどスピードを高める事ができます。一方、保守を継続している場合には、委託先に追加開発要件を提出する必要があります。その後、委託先で提案や見積もりを作成してようやく契約にたどり着きます。

自社で行えば短日で行う事ができるケースでも数日かかってしまうことも少なくありません。

『awsの運用コストを下げる方法』

運用研修のベストな範囲

自社にクラウドサービス構築のノウハウが全くない場合、運用研修をどの範囲に設定すれば良いのかがポイントになります。構築ができるようになるすべてのノウハウを伝授してもらう事は難しいですから、あくまでも日常で行う業務範囲を見据えたプログラムに限定しておく事がベストな選択肢です。

たまにしか生じない大がかりな開発に関しては、追加開発をする事を前提とした委託パターンを考慮し、日常的に行われる頻度の高い開発までは自社でできるようにしておくと最も効率的になります。もちろん、分からなくなった場合や緊急時のサポートとしてリモートなどの保守契約を結んでおく必要はありますが、基本操作を自社で行う事により、ランニングコスト面の問題もスピード感の問題も両方解決することができます。

可能であれば、これらの研修を複数名ができるようにしておき、次の育成は自社で行うようにローテーションを組むことで研修にかかる費用などを軽減することができます。また委託先には一度きりの研修ではなく、新機能の説明やバージョンアップの対応方法など定期的なカリキュラムを依頼することで、自社メンバーの知識を常に最新の状態に保持する事ができるようになります。

段階的な研修が効果的

一度の運用研修ですべてを網羅することはできません。

最初の研修では基本的な運用方法とサーバ管理方法を行い、2度目の研修ではセキュリティ管理方法を実施、そして3度目にはログファイルの確認方法と監視設定の変更などと幾度に分けて段階的に運用研修するのが望ましい方法です。関連>>aws保守 … CloudCREW

すべてのawsの操作は基本操作の上に成り立っているため、段階的に分けることでつながりを理解できるメリットがあります。また、研修完了後に一定期間実務期間を挟む事で、習熟度レベルの管理なども行う事ができるため、より安定したaws運用を自社で実施する事が可能になります。

委託先から教えてもらう事が開発と直結しているため一番望ましい方法ですが、難しい場合などにおいてはawsの外部研修も開催されているため、そちらを利用するのもおすすめです。

awsには認定試験も準備されています。開発などを行う技術者が技能を証明するための制度ですが、これを目標に行う事も有効です。委託先や外部研修を受講し、社内プログラムとして試験合格を目標とすることで、自社のエンジニア育成にもつなげる事ができます。

目指すは定着化と自走

awsの導入時には、専門の知識や経験を持った委託先を利用するのがベストですが、目指す最終的なゴールは定着化と自走です。定着化とは、利用者が満足して利用できるようにする事はもちろんのこと、保守側も一体となって利用者の声を収集し、それをシステムに反映させてフィードバックするサイクルを回す運用です。

これを繰り返すことで徐々に定着し、awsをビジネスプロセスの潤滑油のように利用できるようになります。そして、定着化の先にあるのが自走です。自走は、自分たちだけでシステムを使いこなすことができるようになることです。

もちろん、難しい開発などは専門チームに委託する事があるかもしれませんが、自分たちでシステムをコントロールする事で一層利便性を向上させることができるようになります。aws運用研修は最終的な運用シーンを見据えた第一歩です。

awsの運用研修は段階的に実施し、最終的に目指すのは自走

awsを導入する際には委託先を利用するケースも少なくありません。その際、検討しなければならないのは、自走をいつのタイミングまでに行うかを明確にしておくことです。保守はあくまでもサポートです。自社でシステムをコントロールし、ハンドリングしないと使いこなしていることにはなりません。

awsを使いこなすために必要な第一歩が運用研修です。